医者

脂漏性角化症の黒幕|レーザー治療で見える改善の兆し

このエントリーをはてなブックマークに追加

血液浄化センターの概要

看護師

腎臓内科には血液浄化センターがあり、最新の透析装置による人工透析をすることができます。また、夜の睡眠時間を利用したオーバーナイト透析が行なわれており、ゆっくりと時間をかけて血液浄化をすることが可能になっているので安心することができるでしょう。

詳細

医療機関で治せる

病院

甲状腺はホルモンを分泌する機能を持っていますが、その分泌が多すぎても少なすぎても病気を発症します。これらは、前者はバセドウ病であり、後者は橋本病といい、バセドウ病の治療方法としては内科治療があるので心配する必要は無いといえるでしょう。

詳細

老人性のイボ

先生

良性だが美観に問題あり

年齢を重ねると皮膚の表面にはシワ・シミ・たるみなどさまざまな変化があらわれますが、脂漏性角化症もそうしたものの1つです。脂漏性角化症は身体の表面に生じる良性のイボで、大きさやかたちはさまざまです。小さいものは数ミリ程度で一見するとホクロと見分けがつきませんが、大きなものになると10センチ近くまで拡大することがあります。色も茶色・紫・黒などいろいろで、平らなものもあれば盛り上がったものもあります。脂漏性角化症は放置しておいても特に危険なものではありませんが、顔面にできるものについては美的な観点から治療を希望する人が少なくありません。最近では負担の軽いレーザー治療も普及が進んでおり、人気を集めています。改善の兆しが見えるでしょう。

レーザーなどで治療可能

脂漏性角化症の発症にはさまざまな要因があるとされていますが、基本的には皮膚の老化現象と考えられています。ただし人によっては30歳代から発症するケースがあること、全身のどこにでもできる可能性があるものの肌が露出している箇所にできやすいことなどから、紫外線などの外部刺激が関係しているという説も有力視されています。そのため、日焼け対策をしっかりすることである程度は予防できると考えられています。脂漏性角化症を取り除く治療としては外科手術による切除のほか、レーザーによってイボを削り取ったり、液体窒素で凍らせて組織を壊死に導いたりする方法があります。いずれも術後に外用薬を使用することで、皮膚は徐々に再生します。

おすすめ関連リンク集

  • ボツボツを取りたい!脂漏性角化症なび

    脂漏性角化症のケアはここで紹介されています。気になるコンプレックス解消を目指して参考にしてみませんか。

会社員のホームドクター

女の人

病気の治療に加えて、人間ドックなどの検診にも力を入れるのが、新宿駅近くの内科クリニックといえるでしょう。そして、駅前にあることに加えて予約なしで受診できることが人気の理由であり、症状に合わせて医師を選べるクリニックはとても便利です。

詳細